2006/11/26

Jリーグが・・・

J1、J2ともすごいことになっている。
J1はほぼ優勝間違いなしと思われた浦和がFC東京と引き分け。
一方のガンバは京都に競り勝って、望みを残した。
次節はなんと直接対決、ガンバが勝てば点差しだいで逆転優勝も。
でも最終戦は浦和のホーム。
特にどっちを応援しているわけでもないけど気になるところだ。
荒れた試合にならないといいけど。

J2は上位3チームのうち首位の横浜のみが勝利。
結果的にJ2優勝と昇格が決まった。
フリューゲルスがなくなってから長かったけど
ついにJ1へ。本当におめでとうといいたい。

自動昇格の残り1枠は神戸と柏で争う。
次節、神戸は仙台、柏は平塚と対戦、ともにアウェー。
まぁこの場合、3位でもJ1との入れ替え戦があるから
負ければ全て終わりというわけでもないんだけど。
現時点では神戸がちょっと有利、でも分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/22

欧州CL セルティックVSマンU

朝起きてTVを見るとちょうどめざましテレビで
中村俊輔のゴールシーンが放送されていた。
あわててスカパーにチャンネルを変えると
ちょうど試合のダイジェストをやっていた。

まさかとは思ったけど、セルティックが1-0で勝利。
これで決勝トーナメント進出が確定したそうだ。
しかも俊輔の直接FKが決勝点。

それにしても、GKは多分今回もファンデルサールだと
思うけど、あの立ち位置はちょっと俊輔を甘く見て
いたんじゃないのと思ってしまう。
俊輔はあの位置からだと圧倒的にあのコースに決める
ことが多いし、もっと警戒してもよかったのでは?
一瞬前回のゴールシーンかと思ったよ・・・。
まぁ、今回はさらに飛んだコースも良かったけど。

それに、前回のマンU戦は負け試合、しかも俊輔のFKは
ノーマークと思われるような対応だったけど、
今回はマンUも言い訳できない状況だしなぁ。
これはすごいことだと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006/10/28

ビンテージサッカーマッチ

出張で静岡に来ている。
気候が穏やかで景色もきれい、癒し系。
ホントは仕事じゃなくてのんびり旅行で楽しみたいところだ。

それはともかく、静岡では今日から高齢者関係の大きなイベントが
開催されていて、その関連で「ビンテージサッカーマッチ」なるもの
が行われた。

「往年の日本代表と静岡代表の対戦」といううたい文句、
まぁほとんどが60歳以上として、1人か2人くらい引退してすぐの
選手がいるかもしれない、静岡だから沢登とか・・・
とちょっと期待していたが、ホントに全員60歳以上だった。
名前を聞いて分かるのが釜本、杉山、元レッズ監督の森、
代表スタッフだった大仁くらい。

さすがにプレイの方も走れず、ボールも足に付かない。
そんな中1人違っていたのが釜本。
ディフェンスに来たDFを逆に弾き飛ばしたり、きれいな
キックフェイントで抜いて左足でシュートを打ったり。
PKでも左隅にきっちりと決めたし、やっぱりすごかったんだな
と思った。

で、もっと驚いたのが観客の反応。一見普通のおばちゃんでも
ちゃんとプレーを見ていて、いいプレーは褒め、悪いプレーには
ため息。さすが静岡。いいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/24

アーセナル快勝

今シーズンから昇格のシェフィールドU相手に前半は
攻めあぐねていたが、後半ギャラスのゴールで先制すると
その後は攻め続け、結局3-0。

開幕からなかなか波にのれていなかったが、ようやく
2連勝でエンジンがかかってきたようだ。
一方でチェルシーも勝って、しっかりリーグトップ。
ついでにビラも好調をキープ。試合は観てないけど。

アーセナルはユニフォームのベース色がここ数シーズンの
エンジ色から数年前の鮮やかな赤に変わったけど
ようやく見慣れてきた、というかこっちの方が強そうだし。

それにしてもギャラスとアシュリー・コールのトレードって
両チーム、両人にとってもよかったようで。
でも、背番号が空いていたとはいえDFのギャラスが10番って
すごいな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/20

プレミア開幕

昨日プレミアリーグが開幕、アーセナルVSアストンビラという
個人的に注目している2チームの対戦を見た。

試合はアーセナルが圧倒的にボールをキープ、ビラはたまに
カウンターを仕掛けるもフォローする選手が少なすぎ。
ところが0-0で折り返した後半、セットプレーからメルベリの
ゴールでビラがまさかの(笑)先制。

アーセナルは話題のテオ・ウォルコットが交代で初出場、流れは
いよいよアーセナルへ。
ビラもセーレンセンのファインセーブやリッジウェルのクリアで
なんとかしのいでいたが、ついに80分過ぎにジウベルト・シウバ
にゴールを割られてしまう。そのまま試合終了。
アーセナルはホーム開幕戦を白星で飾ることはできなかった。

アーセナルは、ビラの単調なカウンターで何度かピンチを
招くなど、守備の不安定さが目立った。
でも中盤の美しいパス回しはさすが、プレミアで1チームだけ
違うサッカーをしているという感じ。
若いのにすっかり大黒柱のセスクももちろんだけど、フレブも
よかった。アンリと2トップを組んだアデバヨールは
アフリカ特有の柔らかいタッチがおもしろいけど、まだ
チームに適応していない。逆に交代出場のファンペルシーは
期待どおりの動き。
ウォルコットもまずまずだったし、攻撃陣は結構期待できる。
昨日は出てなかったロシツキがどう使われるのかも楽しみだ。

ビラはさすがに監督が替わったばかりということで
昨日はほぼいいところなし。特にFWのアンヘルとムーア。
もっとできるはずなんだけどなぁ。
逆に何度かいい突破を見せたアグボンラホル(難しい名前だ・・・)
はおもしろい。でも単発じゃなぁ。
ちょっと時間がかかるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/13

日本代表・イエメン戦メンバー発表

先日のトリニダード・トバゴ戦からの追加メンバー
発表されたようだ。

先日のメンバーといい、追加メンバーといい、
「南アフリカ大会を考えるとぜひ選んでほしい、でも
最終的にドイツ大会には選ばれなかった選手」が多い。
特に佐藤寿人、ジェフ勢、長谷部、闘莉王など。
まぁ、山瀬と田中達也はケガでドイツ大会はもともと
無理だったんだけど。

他の初選出の選手もJリーグで活躍していて期待が持てる
選手ばかりだし、ドイツ組の中から選ばれたのも
今後更に伸びしろが期待できそうな選手がほとんど。

正直、致命的な欠点がある川口と三都主は、4年後を
考えると厳しいと思うけど、戦力として必要と判断された
から呼ばれたんだろう。

このメンバーから誰が生き残っていくのか、海外組は
誰が入るのか、新たにどんな選手が出てくるのか、
最終的にどんなチームになっていくのか。
ドイツ大会の前はため息ばかりだったけど、
久しぶりに日本代表を見てわくわくしている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/12

2006-2007シーズン

いよいよヨーロッパ各国の新シーズンが開幕しようとしている。
あ、スコットランドはすでに開幕しているけど。

まずは来週開幕のプレミアリーグ。
しかし2連覇したチェルシーがさらにシェフチェンコ、バラック
といった超スーパースターを獲得したのに対して、
追いかけるべきライバルチームはどうしても地味に見える。
まぁメンバーの名前でサッカーをするワケではないんだけど。

マンU、アーセナル、リバプールともケガ人がいるのが気になる。
ロシツキが加入したアーセナルはメンバーが揃えば面白い。
あと個人的にはアストンビラ。
なんで?と思われるかもしれないけど、昔から好きなのだ。
今シーズンは監督も変わったし、昨シーズンよりは・・・。

リーガ・エスパニョーラも面白そう。
多分バルサは昨シーズンよりは苦戦するし、レアル・マドリーは
復活してくるはず。
モリエンテスにデル・オルノが加入したバレンシアは、
一方でミスタやアイマールを放出してしまった。
そのアイマールが加入したサラゴサには同じアルゼンチンの
ダレサンドロも加入。これも噛み合えば面白い。

しかし、うちではリーガは見ることができないのだった(T_T)
CLは見ることができるけど、サラゴサの試合は絶対ムリ。
今シーズン大活躍で来シーズンCL出場、してくれないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/24

ベルカンプ引退

スカパーでベルカンプの引退試合の再放送を見た。
アーセナルの新しいスタジアムでアーセナルとアヤックスが試合、
ベルカンプは前後半ともアーセナルでプレー。
前半は両チームの現役、後半は過去に在籍した選手が出場。

アーセナルは不参加と思われていたアンリの他、ビエラやカヌなど
他チームへ移籍した選手に加えてオフェルマウス、プティ、シーマン
といった懐かしい顔も。

アヤックスも後半開始からのライカールトに加えて、途中から
ファンバステンとクライフも出場!!
クライフはさすがにヘロヘロだったけど、ファンバステンは
見事なポストプレーやトラップからのボレーを見せた。

肝心のベルカンプは結局ゴールを決めることはなかったけど
夢のようなメンバーにもう顔がにやけっぱなし。
でもこれでベルカンプが見納めと思うと本当にさみしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/10

イタリアvsフランス

両チームともいつものスタメン。
開始早々、マテラッツィのファウルで得たPKを
ジダンが決めてフランス先制。
イタリアもピルロのCKをマテラッツィが決めて追いつく。
しかしこの人、プレーは荒いけど一対一や空中戦には
ホントに強い。

試合は一進一退、1-1のまま後半へ。
後半開始早々、フランスはヴィエラの負傷でディアラと交代。
イタリアもトッティとペロッタを下げてイアキンタと
デ・ロッシを投入。更に終盤にはカモラネージに代えて
デルピエロが入るが、両チームとも集中が途切れず
1-1のまま延長へ。

そして延長後半、ボールのない所でなんとジダンが
マテラッツィに頭突きして一発退場。
いろいろあったんだろうけど・・・。
うまく緩急をつけてゲームを作っていただけに残念。
1人少なくジダンもヴィエラもいないフランスは
もはやゲームを作れない。
しかしイタリアもこの好期を活かせず。

結局PK戦、トレゼゲが外したフランスに対して
全員が決めたイタリアがカップを手にした。
大会を通じてブフォン、カンナバロ、ピルロが印象的だった。
あ、今日はマテラッツィも(笑)

ついにドイツ大会も終わってしまった。
今回は前回大会に比べておもしろい試合が多くて
楽しめたせいか、終わってしまうというさみしさは
そんなに感じない。

来シーズン、途中で敗退して悔しさを味わった
多くの選手が、また各国のクラブチームに戻って
どんなプレーを見せてくれるのか、楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/09

ドイツvsポルトガル

ドイツはバラック、ポルトガルはフィーゴがベンチ。
その他ケガや出場停止で両チームともこれまでとは
先発の顔ぶれが違う。
前の試合から中2日、しかも3位決定戦ということで
コンディションやモチベーションが心配だったけど
両チームとも集中してゲームに入っていた。

試合は前半はややドイツペースも0-0。
後半シュバインシュタイガーがらみでドイツが3得点。
ポルトガルの反撃を1点に抑えて快勝。

カーンも抜群の安定感、ピーク時の絶対的なオーラは
薄れているけど、反応もいいしやっぱり頼りになる。
シュートする側から見れば、レーマンよりもカーンの方が
プレッシャーを感じると思うんだけどなぁ。

ポルトガルは、フィーゴのクロスからヌノ・ゴメスが
決めたゴールが美しかった。
そういえば今大会のポルトガルはこんなゴールが少なかった。
そして相変わらず、審判へのアピールのためにプレーを
途中でやめてしまうことが多い。
ゴール前ではもっと泥臭くキープするシーンがあっても
いいと思うんだけど。
応援していたけど、今日の試合を見てやっぱり優勝するには
まだ足りないものがあると思った。残念ながら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)