2008/03/20

あしたの、喜多善男

今週もかなりハードで疲れがたまっていたのか、
今朝は久しぶりに9時間も寝た。よかった、今日が休みで。
さすがにちょっと寝過ぎの気もするけど、自分の意志で
ベッドから出るタイミングを決められるのは幸せだ。

で、録画していたドラマ「あしたの、喜多善男」の最終回を
すでに一度見ていたにもかかわらず、あらためて見た。

このドラマ、世間では視聴率はふるわなかったらしい。
確かに主役(小日向文世)は地味だし(笑)、男女の恋愛だけが
一番のテーマでもないから、ちょっととっつきにくかったのかも。

でも、主役以外も含めたそれぞれのキャラがとても魅力的で、
その関係や印象がどんどん変化しながら展開するストーリーと
シンプルで落ち着いたBGMがすごくいい味を出していて
久しぶりにハマった連ドラ作品だった。

まず、主役の小日向文世。「ネガティブ善男」との演じ分け
だけでなく、いい人キャラの喜多さんが心の底に押さえつけていた
本当の気持ちを吐き出すシーンの迫力はさすが。
でもやっぱり、ラストシーンの屈託のない笑顔に救われた。

そして、何といっても平太役の松田龍平。
「弱い人間は消えていけばいいんだ」という喜多さん(小日向)に
「そんなことねえよ。そんなことないんだって。」
とまっすぐ語りかけるシーン、よかったなぁ。素敵です。

しのぶ(吉高由里子)の朗読シーンもぐっときた。
「本当の愛を手に入れたいのならば許すことを知りなさい、
他者を、そして自らを。」か。そうだよなぁ。
それにしても、あんな人に「2千万持って2人で逃げよう」
と言われたら間違いなく心がグラグラ揺れると思う(笑)

最終回で一気に印象アップの小西真奈美や善悪の間で揺れる
栗山千明、颯爽とした悪役っぷりの要潤もよかったけど、
一番美味しい役だったのは生瀬勝久かも。
その部下役の丸山智己やカウンセラー役の熊本課長・・・
じゃなかった岩松了も。

全てハッピーエンドというわけではなくて、結構シビアな部分も
ありつつ(平太とリカとか)、でも最後に印象に残ったのは
温かい気持ちとカレーの偉大さ(笑)

6月にDVDが出るそうだ。うーん、欲しいかも。
23,940円(税込)は高いけど、真剣に悩みそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/25

森永ダースの新CM

もひとつ、CMつながりで。
森永ダースの新しいCM、深津絵里が出てるアレ。
まだ一度しか見てないけど、結構好きだ。

「あ、あたし!?」って・・・(笑)

ちなみに森永のチョコレートも結構好き。
新製品は2月までの期間限定か・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル ステラ

たまに見るステラのTVCMが苦手だ。 
突然の雨、車内に駆け込むと室内の便利機能のアピール、
友だちの「気が利く車ね」のセリフに車の持ち主が
「私じゃなくて?」と不満げな表情を見せるあのCM。
まるで一昔前のCMのような安易すぎて何のひねりもない流れ。

それ以前にこの車自体がどうにも好きになれない。
スバルにはプレオという他社のハイト系ワゴンとは一線を画す
モデルがあるのに、そのコンセプトをバッサリ切り捨てて
完全に車内ユーティリティに重きを置いている。
これじゃ他社のモデルと全然変わらない、どころか古さすら
感じてしまう。外観デザインなら新型ムーヴの方がずっとマシだ。
内装もR1/R2のものをそのまま使いまわしているから
外観と全然統一感がない。最悪だ。

もちろんシャシーやエンジンはR1/R2がベースだから
そこに他社モデルと比べて一定のメリットはあるかもしれない。
でもなぁ・・・。なんでR1/R2じゃダメなのか分からない。
実際R2に2~3人で乗っても狭すぎて居心地が悪いと
思ったことはない。まぁ広々しているとも思わないけど(笑)。
そんなにみんな広い車の方がいいのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/07

下北サンデーズ最終回

終わってしまった・・・。
先週の次回予告を見て、最終回はしりすぼみかなと
思ったけど、思った以上によかった。
ラストの笑顔もよかったけど、トラックの荷台で
バンドが復活して、ゆいかの「ハイッ」で牛乳おじさんが
思わず歌い出すシーンが個人的にはグッときた。

回を重ねるごとにサンデーズの主要メンバー以外が
どんどん影が薄くなっていったのは残念。
打ち切りの影響もあったのかもしれない。
せっかく採用した企画なんだから、最後まで付き合って
思うように作らせて欲しかったなぁ、テレ朝は。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/02

下北サンデーズ打ち切り・・・

普段あまりテレビは見ない。ましてやドラマはほとんど見ない。
でも今クールは録画してでも毎週欠かさず見ているドラマが
2本ある。「結婚できない男」と「下北サンデーズ」だ。

「結婚できない男」の方は視聴率も上々らしいけど
「下北サンデーズ」はそうでもないらしく、打ち切りで
当初より1話短くなる
そうだ。
その理由が「シンクロのワールドカップを楽しんでいただくため」。
あー、もう。この決定にはホント、ガッカリだ。
ダメだなぁ、テレ朝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/21

juice/くるりとリップスライム

普段滅多に見ないミュージックステーション、
たまたま見ていたら出演していた。

くるりリップも好きだけど、この組み合わせって
今のところ期待したほどではない。
悪くはないんだけど・・・。

何気に画面を眺めていて気がついた。
バックでホーンを担当しているのはBlack Bottom Brass Band
そうか、リップとBBBBは親交があったんだっけ。
せっかくだからもうちょっとBBBBらしさを見せてほしかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/20

DAKARA

昨日は職場の飲み会、そんなに飲んだつもりじゃなかったけど
今朝は二日酔い気味。
というわけで体の中のよからぬものを出すために
職場に着いてからDAKARAをグビグビ飲んだ。

DAKARAといえば「♪ジョジョビジョバ~」のCM。
キョンキョンや山崎努バージョンを初めて見たときも
ビックリしたけど、メーテル編もかなりのインパクト。
特に「バ~」の部分で声とともに飛び上がるテツロウが。
松本零士もよく許したなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/11

木梨憲武の「VS(ヴァーサス)」

昨日の朝、新聞のテレビ欄でおもしろそうな番組を発見。
テレ朝で木梨憲武の番組が放送されるらしい。
しかも、第1回目のゲストがラモスと木村和司!?
これは見なければ、ということで録画しておいたものを今日見た。

番組は2人のゲストの間に憲武が入ってトークが進められるスタイル。
2本立てで、ゲストは1本目はラモス瑠偉と木村和司、
2本目が家田荘子と室井佑月。

面白くないわけがないと思っていたけど、やっぱり期待どおり。
特に1本目は、笑いあり涙ありで、超見応えありだった。
憲武は「ビスマルクと水沼さんとやりたかったです」と言っていたけど
表面上はともかく本当はリスペクトしあっている2人のいい関係を
引き出せるのは、憲武だからこそだなと思った。

しかし、悲しいことに、この番組は単発(ドスペ2)の企画。
レギュラー化してくれないかなぁ。
とりあえず録画しておいてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)