« Laurentech / SPECIAL OTHERS | トップページ

2009/01/25

That's Too Bad / Donavon Frankenreiter

先週に続いて、金曜日にDonavon Frankenreiterライブに行って来た。会場はDRUM Be-1。
会場に入ると、開場から20分ほど経っているにも関わらず、まだ最前列すら空きがある状態。会場の前の方の壁際で開演を待つ。BGMはビーチボーイズやビートルズなど古い曲が多く、特にビーチボーイズ度が高かった。

今回はチケットにも何も書いてなかったので(前回はTimmy Curran)オープニングアクトはなしかと思っていたら、開演時間ちょっと過ぎて昔のヴァン・モリソンをちょっとだらしなくした感じの人が出てきて、エレアコで穏やかなフォークソング風の弾き語りで数曲を演奏。最後の1曲はドノヴァンがギターとコーラスで参加。後で分かったけど、この人、バンドのベーシストだった。

インターバルを挟んで本編。メンバー登場前に会場に流れたのはなんと「リンダリンダ」。なんの前ぶれもなしにいきなり「♪どぶね~ずみ~」と始まったので、一瞬会場内がざわめき、そのあとあちこちで小さな笑いが起こった。観客の中にはブルーハーツを知らない世代も結構いたようで、会場全体の反応はそんなに大きくなかったけど、個人的にはウケた。サビの部分でメンバーがステージに登場。前回髪も髭も伸び邦題でかなりワイルドな風貌だったドノヴァンは、今回は毛皮の帽子に黒のジャケットでこざっぱりした感じ。

バンドメンバーは、ヴォーカル/ギターのドノヴァンの他、ギター、ベース、ドラム、キーボードの総勢5人。キーボードの人は時々トランペットも吹いたり。

去年出た3rdアルバム「Pass It Around」は1st2ndの曲に比べると最初は印象が薄かったけど、聴き込んでいくとなかなかいい曲も多い。2ndからの流れで特にキーボードの音の暖かくてざっくりした質感が結構好きだ。

前回のライブでも披露した1stや2ndアルバムの曲は結構アレンジが変わっていた。特に「Free」のおなじみのイントロがバッサリカットされていたり「Move By Yourself」はジャムバンドっぽい感じでかなり長い演奏時間だったり。そんな中「That's Too Bad」はほぼオリジナルどおりのアレンジで。先週行った9mmのライブもそうだったし、ヒートアップすると曲のテンポが速くなるというのはよくあるけど、このバンドの場合、テンポアップしないでギリギリまで音をタメているのがいい感じにファンキーで心地良い。まぁ、好き嫌いは人それぞれだけど。

陣取った場所がスピーカーの近くだったせいか、音のバランスはあまりよくなかった。音量はもう少ししぼってもよかったかも。先週の9mmやスペアザと比べると、楽器のチューニングもアバウトな感じなのが、らしいといえばそうだけど。

何曲かコール&レスポンスする場面があったけど、メロディが難しかったり歌詞がうろ覚えだったりでイマイチ揃わない中、「Free」だけは前回同様みんな自信を持って気持ちよく歌えていたようで。もしまた機会があれば、事前に歌詞はチェックしておこう(笑)

|

« Laurentech / SPECIAL OTHERS | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/27461910

この記事へのトラックバック一覧です: That's Too Bad / Donavon Frankenreiter:

« Laurentech / SPECIAL OTHERS | トップページ