« 2008年を振り返る(映画編) | トップページ | That's Too Bad / Donavon Frankenreiter »

2009/01/18

Laurentech / SPECIAL OTHERS

土曜日、9mm Parabellum Bulletのライブで熊本市内のDRUM Be-9に行って来た。といっても目当ては9mmではなくゲストのSPECIAL OTHERS。スペアザ自体は、以前Leyonaのアルバムに参加していたりで名前は知っていたものの、きちんと聴いたことはなかったけど、ライブに行くことが決まってからCDを聴き込んですっかり好きになったので、はじめてのライブ体験をとても楽しみにしていた。

熊本に住んでいながらDRUM Be-9は今回が初めて。中は福岡DRUM Be-1よりも狭く博多百年蔵よりは広いくらいだけど、ステージが狭く天井もかなり低い。9mmのライブということで客層はかなり若く(ひょっとして最年長だったかも)、開場と同時に中はかなりの混雑でちょっと息苦しく感じるくらいの中開演を待つ。

まずゲストのスペアザが登場。髪髭伸び放題のベースをはじめ髭率が高いワイルドな風貌で洋楽バンドのような雰囲気。9mmのファンが圧倒的に多いと思われる会場に向かって「はじめまして、SPECIAL OTHERSです。決して怪しい者ではありません。」とあいさつ。

バンドは左からキーボード、ギター、ベース、ドラムの並びで、立って演奏しているのはギターのみ。ベースはアップライトを使っていることが多かった。

スペアザは、なんといってもバンド全体のサウンドの空気感やそれぞれの楽器の音の質感がかなりツボ。長い曲が多いけど、途中でテンポや曲調が変わる曲も多いので聴いていて飽きない。ここ数年は、基本的にはテンポが速い曲よりはまったりした曲がどっちかといえば好きだけど、「Laurentech」のような曲も大好きだ。しかも結構余韻というか次の日以降も耳に残っていたりして。

ただ、今回はゲストということで持ち時間が40分くらい、会場の狭さのせいか音もデッドな感じで、ちょっと物足りなさも感じた。機会があればぜひワンマンライブに行ってみたい。

インターバルを挟んで主役の9mm登場。メンバーが登場と同時に会場をあおり、前の方に客が殺到して一気にヒートアップ。会場内ではダイブする光景が時々、失神して運び出される人が1人。若いなぁ。

実は、事前に聴いていたCDではあまり印象がよくなくて、個人的にはナシだなと思っていたけど、実際は激しいパフォーマンスにも関わらず、意外(と言っては失礼か)に楽器の音が良く演奏もしっかりしていて、思っていた以上に楽しめた。サウンドは日本のハードなロックという感じで、もともと自分のツボではないので、アルバムを通して聴いたり今後ワンマンライブに行きたいとは思わないけど、フェスなどで何曲か聴く分には十分アリだなと思った。何よりふつうに生活していたら行く機会がないようなライブを経験できたのがおもしろかった。

|

« 2008年を振り返る(映画編) | トップページ | That's Too Bad / Donavon Frankenreiter »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/27461396

この記事へのトラックバック一覧です: Laurentech / SPECIAL OTHERS:

« 2008年を振り返る(映画編) | トップページ | That's Too Bad / Donavon Frankenreiter »