« 2008年12月 | トップページ

2009/01/25

That's Too Bad / Donavon Frankenreiter

先週に続いて、金曜日にDonavon Frankenreiterライブに行って来た。会場はDRUM Be-1。
会場に入ると、開場から20分ほど経っているにも関わらず、まだ最前列すら空きがある状態。会場の前の方の壁際で開演を待つ。BGMはビーチボーイズやビートルズなど古い曲が多く、特にビーチボーイズ度が高かった。

今回はチケットにも何も書いてなかったので(前回はTimmy Curran)オープニングアクトはなしかと思っていたら、開演時間ちょっと過ぎて昔のヴァン・モリソンをちょっとだらしなくした感じの人が出てきて、エレアコで穏やかなフォークソング風の弾き語りで数曲を演奏。最後の1曲はドノヴァンがギターとコーラスで参加。後で分かったけど、この人、バンドのベーシストだった。

インターバルを挟んで本編。メンバー登場前に会場に流れたのはなんと「リンダリンダ」。なんの前ぶれもなしにいきなり「♪どぶね~ずみ~」と始まったので、一瞬会場内がざわめき、そのあとあちこちで小さな笑いが起こった。観客の中にはブルーハーツを知らない世代も結構いたようで、会場全体の反応はそんなに大きくなかったけど、個人的にはウケた。サビの部分でメンバーがステージに登場。前回髪も髭も伸び邦題でかなりワイルドな風貌だったドノヴァンは、今回は毛皮の帽子に黒のジャケットでこざっぱりした感じ。

バンドメンバーは、ヴォーカル/ギターのドノヴァンの他、ギター、ベース、ドラム、キーボードの総勢5人。キーボードの人は時々トランペットも吹いたり。

去年出た3rdアルバム「Pass It Around」は1st2ndの曲に比べると最初は印象が薄かったけど、聴き込んでいくとなかなかいい曲も多い。2ndからの流れで特にキーボードの音の暖かくてざっくりした質感が結構好きだ。

前回のライブでも披露した1stや2ndアルバムの曲は結構アレンジが変わっていた。特に「Free」のおなじみのイントロがバッサリカットされていたり「Move By Yourself」はジャムバンドっぽい感じでかなり長い演奏時間だったり。そんな中「That's Too Bad」はほぼオリジナルどおりのアレンジで。先週行った9mmのライブもそうだったし、ヒートアップすると曲のテンポが速くなるというのはよくあるけど、このバンドの場合、テンポアップしないでギリギリまで音をタメているのがいい感じにファンキーで心地良い。まぁ、好き嫌いは人それぞれだけど。

陣取った場所がスピーカーの近くだったせいか、音のバランスはあまりよくなかった。音量はもう少ししぼってもよかったかも。先週の9mmやスペアザと比べると、楽器のチューニングもアバウトな感じなのが、らしいといえばそうだけど。

何曲かコール&レスポンスする場面があったけど、メロディが難しかったり歌詞がうろ覚えだったりでイマイチ揃わない中、「Free」だけは前回同様みんな自信を持って気持ちよく歌えていたようで。もしまた機会があれば、事前に歌詞はチェックしておこう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/18

Laurentech / SPECIAL OTHERS

土曜日、9mm Parabellum Bulletのライブで熊本市内のDRUM Be-9に行って来た。といっても目当ては9mmではなくゲストのSPECIAL OTHERS。スペアザ自体は、以前Leyonaのアルバムに参加していたりで名前は知っていたものの、きちんと聴いたことはなかったけど、ライブに行くことが決まってからCDを聴き込んですっかり好きになったので、はじめてのライブ体験をとても楽しみにしていた。

熊本に住んでいながらDRUM Be-9は今回が初めて。中は福岡DRUM Be-1よりも狭く博多百年蔵よりは広いくらいだけど、ステージが狭く天井もかなり低い。9mmのライブということで客層はかなり若く(ひょっとして最年長だったかも)、開場と同時に中はかなりの混雑でちょっと息苦しく感じるくらいの中開演を待つ。

まずゲストのスペアザが登場。髪髭伸び放題のベースをはじめ髭率が高いワイルドな風貌で洋楽バンドのような雰囲気。9mmのファンが圧倒的に多いと思われる会場に向かって「はじめまして、SPECIAL OTHERSです。決して怪しい者ではありません。」とあいさつ。

バンドは左からキーボード、ギター、ベース、ドラムの並びで、立って演奏しているのはギターのみ。ベースはアップライトを使っていることが多かった。

スペアザは、なんといってもバンド全体のサウンドの空気感やそれぞれの楽器の音の質感がかなりツボ。長い曲が多いけど、途中でテンポや曲調が変わる曲も多いので聴いていて飽きない。ここ数年は、基本的にはテンポが速い曲よりはまったりした曲がどっちかといえば好きだけど、「Laurentech」のような曲も大好きだ。しかも結構余韻というか次の日以降も耳に残っていたりして。

ただ、今回はゲストということで持ち時間が40分くらい、会場の狭さのせいか音もデッドな感じで、ちょっと物足りなさも感じた。機会があればぜひワンマンライブに行ってみたい。

インターバルを挟んで主役の9mm登場。メンバーが登場と同時に会場をあおり、前の方に客が殺到して一気にヒートアップ。会場内ではダイブする光景が時々、失神して運び出される人が1人。若いなぁ。

実は、事前に聴いていたCDではあまり印象がよくなくて、個人的にはナシだなと思っていたけど、実際は激しいパフォーマンスにも関わらず、意外(と言っては失礼か)に楽器の音が良く演奏もしっかりしていて、思っていた以上に楽しめた。サウンドは日本のハードなロックという感じで、もともと自分のツボではないので、アルバムを通して聴いたり今後ワンマンライブに行きたいとは思わないけど、フェスなどで何曲か聴く分には十分アリだなと思った。何よりふつうに生活していたら行く機会がないようなライブを経験できたのがおもしろかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/04

2008年を振り返る(映画編)

続いて映画も。
といっても去年観た映画はたったの5本。
忙しくて映画を観ようという気にあまりなれなかったという
こともあるかも。ちなみに5本とも映画館でレンタルはゼロ。

一番よかったのは「転々」。色々な部分でしっくりきた。
ドラマ「流星の絆」の三浦友和を見てこの映画を思い出した。

地味だけど、「しあわせのかおり」も好きだった、と
思い出していたらトマトの卵炒めが食べたくなった。

今年はもうちょっと観たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年を振り返る(音楽編)

去年1年間で買ったアルバムは17枚、うち新譜が11枚。
一応、今回も個人的なベスト5を選んでみた(順不同)。

山口洋「made in Aso
JACK JOHNSON「SLEEP THROUGH THE STATIC
G.LOVE & SPECIAL SAUCE「SUPERHERO BROTHER」
pupa「floating pupa
PAUL WELLER「22 DRAMS

「made in Aso」は去年の発売ではないし、入手方法も
ややめんどくさかったりするけど、部屋で一番聴いたので。
JACK JOHNSONはもともと好きだけど今回のアルバムは特に
聴きやすい。
G.LOVEとpupaはライブもすごくよかった。
PAUL WELLERは夏の発売にも関わらず手に入れたのは12月
ということで目下聴き込み中。でもかなり聴き応えがあるので。

次点でDouble Famous「DOUBLE FAMOUS」と
大橋トリオ「THIS IS MUSIC」。
Double Famousはライブも絶対よさそう。
大橋トリオは全然知らなくて久しぶりの衝動買いだった
けど、結構よくてその後1stも買ってしまった。

去年は異動と引っ越しで大きく環境が変わって何かと
忙しくて、ゆっくり音楽を聴く時間も激減してしまった。
今年はもう少し音楽を楽しめる年になるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ