« 2007年を振り返る(映画編) | トップページ | スバル インプレッサNAコンセプトby STI »

2008/01/03

SOMEDAY/佐野元春

気がつけば年末年始の休みも最終日。
頭の中に明日からの仕事の影がちらつく中、年末に録画
したままの番組があったのを思い出して観てみることに。

番組名は「クリスマスの約束 2007」。
小田和正がゲストを迎える音楽番組で、初めて観たけど
もう数年間続いているらしい。

今回の一番の目当ては佐野元春。
小田和正との共演がどうにも想像できず、どんな感じに
なるんだろう?と結構気になって録画しておいたのだった。

元春登場前の小田和正の紹介によると、
やっぱり2人の間にはほとんど接点がなく、数年前に
参加したイベントでたまたま顔を見かけて、
小田和正が元春のある曲を誉めたのがきっかけらしい。

それが「SOMEDAY」。そうだよな、小田和正が元春の曲を
いちいち知っているわけもないし、元春の曲の中で
一番誰にでも受け入れられやすそうな曲だもんな。
でも、普段から思うところと重なる部分があったようで、
意外に小田和正のこの曲に対する思い入れは深いようだった。

そんなエピソード紹介と元春の短いメッセージの後
始まったイントロのドラムは古田たかしの音ではなく、
キーもいつもより2音ほど低くて「え~っ」と思ったけど、
すぐに観客が立ち上がったのにはじーんときた。
小田和正が「責任を持って盛り上げます」と言っていたから
仕込まれていたのかもしれないけど、この日唯一だったし。

小田和正は終始元春を立ててギターとコーラスでサポート。
なるほど、確かにかなりしっくりきている。

もう一つうれしかったのが、直前のゲストのヤイコさんが
そのまま残ってコーラスで参加したこと。これも唯一。
演奏中の声も終わった後の笑顔もステキだった。

この番組、他にも宮沢和史やくるりも参加していて
なかなか見応えがあった。
特に「中央線」はよかったなぁ。矢野顕子もカバーしていたし
この曲も世代や人を選ばずに受け入れられる曲なんだろう。

それぞれのゲストを反映して、観客の顔ぶれはかなり幅広そう。
この番組でくるりやヤイコさんのファンがもっと上の世代の
音楽に目を向けたり、その逆のパターンのきっかけになれば
素敵なことだなと思う。

|

« 2007年を振り返る(映画編) | トップページ | スバル インプレッサNAコンセプトby STI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/9701825

この記事へのトラックバック一覧です: SOMEDAY/佐野元春:

« 2007年を振り返る(映画編) | トップページ | スバル インプレッサNAコンセプトby STI »