« Someday/leyona | トップページ | 2007年を振り返る(映画編) »

2008/01/02

2007年を振り返る(音楽編)

去年1年間で買ったアルバムは20枚、うち新譜が13枚。
最近、目あてもなくCDショップに立ち寄ることがほとんど
なくなった気がする。
これじゃ、趣味CD漁りとは言えないな。

そんな中で、今年も個人的なベスト5を選んでみた(順不同)。

井上陽水奥田民生「ダブルドライブ
クラムボン「Musical
佐野元春「Coyote
Cocco「きらきら
Leyona「Off The Lip

陽水民生と元春、Coccoはとにかくよく聴いた。
クラムボンとLeyonaはライブも含めてよかったので。

次点で畠山美由紀の「Summer Clouds,Summer Rain」。
相変わらずの表現力で安心して聴ける。
表現力といえば、くるりの「ワルツを踊れ」も印象的だった。
Donavon Frankenreiterのライブに参加していて知った
Timmy Curranの「WORD OF MOUTH」もよかった。
サインもらっとけばよかったな。

あと、バタードッグや100Sのキーボード担当池ちゃんこと
池田貴史のソロユニット、レキシのファーストアルバム
レキシ」もかなり聴いた。
一見(聴?)ふざけた感じだけど、なかなか侮れない。
でも、やっぱり笑えるという。
100Sメンバーが全員参加というのも○。

もう1つ忘れてはいけないのがHEATWAVE「land of music」。
本来なら当然ベスト5に入れたいところだけど、
アルバムプロジェクトに賛同したおかげで2006年末に
入手していたので、今回はあえて別格扱いということで。

|

« Someday/leyona | トップページ | 2007年を振り返る(映画編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/9687594

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年を振り返る(音楽編):

« Someday/leyona | トップページ | 2007年を振り返る(映画編) »