« BOHEMIAN BLUE/HEATWAVE | トップページ | PRAYER ON THE HILL/HEATWAVE »

2008/01/26

悲しきレイディオ/佐野元春

昨日、熊本県立劇場での佐野元春ライブに行った。
全国ツアー「Sweet Soul,Blue Beat」の2カ所目。

元春のライブを観たのはこれで何回目だろう?
初めて観たのが1993年の「The Circle Tour」で
その後全国ツアーは毎回1公演以上行っているから
これまでにたぶん10回以上15回以下というところか。
ここ数年でいろいろなミュージシャン/バンドのライブ
に行くことが増えたけど、今のところ行った回数は
一番多いと思う。

正直、以前ほどライブ直前のドキドキ感はない。
今回も水曜日にすごいライブを経験したばかりで、
まだその余韻が残っていたこともあって、心の準備も
ないままに出掛けていった。

でも、やっぱり行ってみると新たな驚きや感動が
あるんだよな・・・。
ということで、あいまいな記憶を呼び起こしつつ
以下ネタバレ注意です。

・オープニング、ステージ上のスクリーンに映像が流れ、最後にキーボードを弾く元春が映る。そのスクリーンがスーッと上がるとそこには本物の元春がキーボードと共ににスタンバイ。いつのまに・・・。しかも演奏が始まってスクリーンがもう1枚上がるとそこにはHKB(THE HOBO KING BAND)メンバーが。全然気がつかなかった・・・。

・それにしても、ドラムの古田たかしはかなりぽっちゃりしたな・・・と思ったらパーカッションの新メンバー(名前は不明、去年TV出演等で共演したあの人?)。古田たかしはちょうど元春の死角で見えなかったのだった。その他のメンバーはHKB(佐橋、井上、kyOn、古田、山本)の他に前回ツアーも参加のTT sisters。

・最初の4曲くらいは元春はキーボードの前に座ったまま。これは初めての展開。

・前半は80年代初期の元春クラシックスが多く、レアな曲も結構あったり。

・1時間ほど演奏したところで元春の「僕らはまた15分後に戻ってきます」というMCでライブは中断。今回も2部制か。まわりを見渡すと9割以上は自分よりも年上みたいだし、仕方ないのかな。

・後半はHKBのジャムに続いて元春が去年のアルバム「Coyote」風ファッションで登場、ずっと「Coyote」の曲をやるのかと思ったら3曲くらいで「THE SUN」に移る。その後はおなじみの曲中心。

・アンコールは2回。最後は定番の「悲しきレイディオ」で締め。観客に「ムード盛り上がれば~」のフレーズを歌わせる時に佐橋佳幸との小ネタもあったり。

・退場する時にHKBの数人がフルートを持っていたけど、今回も何も演奏せず。フルーターズが元春ライブでデビューする日は来るのか・・・?(笑)

水曜日のHEATWAVEもそうだし、いいライブは必ずバンド全体が
素晴らしいけど、あらためてHKBはやっぱり別格だと思う。
こんなメンツが楽しそうに演奏しているのを観るだけで幸せ。
ということで、メンバー別の印象なども。

佐橋佳幸(G):最後のメンバー紹介で、直接のコメントこそなかったけどいいこと(結婚)があったことを連想させるような元春のアクションに会場の拍手もひときわ大きくなり微笑ましかった。

井上富雄(B):今回はソロも少なくちょっとおとなしめ?でも相変わらずクールでカッコいい。

Dr.kyOn(pほかいろいろ):any keybordsの他EG、アコーディオンとひととおりプレイ。TTの2人のダンスと連動した動きが楽しかった。

古田たかし(D):相変わらずメンバー紹介では一番人気。「SOMEDAY」のイントロはやっぱりこの人じゃないと。

山本拓夫(Sax):すっかりHKBになくてはならない存在になったなと思う。フルートに加えて、「ロックンロール・ナイト」のラストではなんとキーボードも披露!

パーカッションの人:楽しそうな笑顔が印象的。ハンドクラップする時もお手本があってありがたい。

TT sisters:黒の衣装とあえて振り付けを揃えないダンスが素敵、紹介時の両腕をクロスさせるポーズがかわいい。次回もぜひ!

というわけで、やっぱり楽しいライブだった。
しいていえば、ここ数年の傾向で選曲が初期のファン重視すぎる
ような気がちょっとだけ。
まぁキャリアが長いと、どうしても聴きたくても聴けなかった曲が
出てくるわけで、また次の機会に期待!というところかな。

|

« BOHEMIAN BLUE/HEATWAVE | トップページ | PRAYER ON THE HILL/HEATWAVE »

コメント

>mfさん

小さい会場だと一体感もあるし音もいいので得した気分になりますよね。

投稿: lazybird | 2008/02/09 21:01

lazybird さん、こんにちは!
コメント、ありがとうございました。
  
中津文化会館は850人ほどのキャパで、要するに小さなホールなんですが、ライヴは大会場よりもこぢんまりした会場の方がいいですね。
中津も盛りあがりましたよ!

投稿: mf | 2008/02/09 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/10083552

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しきレイディオ/佐野元春:

» この素晴らしい中津の夜 [SIDEWALK TALK]
僕の街に、佐野元春がやってきた。 僕の街に、The Hobo King Band がやってきた。 僕の街に、TT Sisters がやってきた。 夢のような時が流れた。    最近の佐野さんを突き動かしているものは、音楽を通して世代を超える何ごとかを見つけたい、という想いなのだろう。 この夜も、佐野... [続きを読む]

受信: 2008/02/04 11:52

» R45以上限定 20年目のカフェボヘミアミーティング [六三四の柔術日記]
出張帰着日に、佐野元春のライブに行ってきました。 予約していた当日券を受け取りに、 受付カウンターに行くと、「あれ?六三四さん??」との声が 見ると、主催TV局の営業さんでした。 「あぁ~そうか!今日の主催でしたよねぇ~」 それにしてもTV局の人達って、ホントに忙しそう。 主催イベントに行くと、大体営業の人を見かけます。休みも少ないんだろうなぁ~ 一通り挨拶を済まして、当日券を見ると前から11列目! 「えっ?凄くイイ席」と思ったら、ちょうど直前にキャンセルが出たと... [続きを読む]

受信: 2008/02/09 02:00

« BOHEMIAN BLUE/HEATWAVE | トップページ | PRAYER ON THE HILL/HEATWAVE »