« スバル インプレッサNAコンセプトby STI | トップページ | BOHEMIAN BLUE/HEATWAVE »

2008/01/19

転々

久しぶりに映画館で「転々」を見てきた。
 
80万円の借金がある大学生のフミヤ(オダギリジョー)、返済期限まであと1日というところで取り立て屋の福原(三浦友和)から霞ヶ関までの「散歩」につき合えば借金をチャラにしてやると言われる。怪しみながらも福原の話に乗ることにしたが・・・。

三木聡監督とオダギリジョーといえば、まずは「時効警察」を思い出すけど、ゆるさとツッコミどころ満載なところは期待どおり。
福原の妻が勤めるスーパーの上司と同僚役に岩松了とふせえり、この2人が話していると熊本課長と又来さんに見えてしまう(笑)。
そこにもう1人店員(松重豊)が加わって、ひたすらどうでもいい会話が繰り広げられる。一応、無断欠勤が続く福原の妻を心配して電話を掛けたり様子を見に行ったりするのだが、脱線しまくりで最後の最後までマイペースなのは時効管理課と同じニオイ。
ちょっとだけど、麻生久美子が三日月しずか役で出ているのも時効警察ファンにはうれしいところ。
 
もちろん、時効警察と切り離しても十分おもしろい。
フミヤが不安を抱えたまま福原に振り回されるのを中心にスーパー3人組やその他変な人たちのエピソードが展開される前半に対して、キョンキョンが登場する後半は一転してホームドラマ風だったり。

脇を固める(?)広田レオナ、鷲尾真知子と石原良純、岸辺一徳などもそれぞれインパクトがあるけど、なんと言っても最大の見所は三浦友和。今まで俳優としての印象よりは山口百恵のダンナというイメージが強かったけど(スイマセン!)、今回とても魅力的にキャラを演じていて、こんなにすごい人だったのかと。

そして後半部分で擬似家族を演じる女優の2人、ひたすら普通っぽく癒し系のキョンキョンと不思議な存在感の吉高由里子もよかった。

映画の終わり方もいい。味付け、ゆで加減が絶妙というか。たぶん韓流ドラマが好きな人は物足りなく感じるんだろうけど(笑)。

|

« スバル インプレッサNAコンセプトby STI | トップページ | BOHEMIAN BLUE/HEATWAVE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/9971140

この記事へのトラックバック一覧です: 転々:

» “新妻”麻生久美子「前よりほんのちょっぴり幸せです」 [ユミのおもしろニュース日記,転々]
女優の麻生久美子が19日(土)、都内で行われた主演映画『ハーフェズ ペルシャの詩』の初日舞台挨拶に出席。先月28日に有名スタイリストの伊賀大介氏と入籍したばかりの麻生は、左手の薬指にはめた結婚指輪を輝かせながら「前よりも、ほんのちょっぴり幸せになりました」と幸せ一杯の笑顔を振りまいた。 麻生久美子の全身ショットほか  今作は全編に渡ってイランで撮影され、古代ペルシャに実在した詩人・ハーフェズの詩句に ... [続きを読む]

受信: 2008/01/20 01:41

« スバル インプレッサNAコンセプトby STI | トップページ | BOHEMIAN BLUE/HEATWAVE »