« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007/10/27

街のあかり

久しぶりの映画館で「街のあかり」を観てきた。

コイスティネンは夜警の警備員。友達も恋人もなく、
仕事帰りに酒を飲み、帰りに売店でソーセージを食べながら
グチるだけの毎日。
そんなある日、勤務中にコーヒーを飲んでいるとブロンドの
女に話しかけられる・・・。

<以下ネタバレ>

主人公はとても不器用で、騙されて舞い上がり、やがて裏切りに
気がついても相手を責めることもなく、ついには罪を被せられ
服役することに。出所しても、唯一心配してくれる人の気持ちに
向き合うこともなく、虚勢を張るばかり。

ストーリーが進むにつれてどんどん状況は悪くなっていくけれど、
主人公は変なまっすぐさで決して絶望するわけではなく、
目を背けたくなるような悲惨な描写もないことから、
観ていて不思議なほど悲壮感はない。

ところがラスト近くで、立ち直りのきっかけを踏みにじられた
ことでついにキレてしまい、やけくそで復讐しようとするが
逆に返り討ちにあってしまうという、とことんなダメっぷり。
でも自分に置き換えると、あり得ないとも言い切れないところが
なきにしもあらず・・・(笑)

ラストはありきたりかもしれないけど、ようやく大事なものに
気がついたということで。

全編通して映像も音も地味で、いい意味で古い映画のような感じ。
薄暗い夜の街並みも印象的だった。
フィンランドというとウィンタースポーツとラリー、それから
リトマネンなど何人かのサッカー選手の印象しかなくて、
さわやかとかほのぼのとかどちらかというとポジティブなイメージ
しかなかったけど、結構どんよりした感じなのかも、と思ったり。

見終わった後適度な余韻が残った。といっても「?」マークが
グルグルと回るような感じでは全然なくて。
のど越しが良くて多少のコクがあるブラックコーヒーを飲んだ
ような感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/21

ルディプロジェクト パーセプション

先月勢いで買ってしまったストレイラッツ、調べてみると
使用パーツのグレードなどコストパフォーマンス的には
あまりよくないらしい。
まぁ、もともとガンガン乗るつもりはないし、
何より見た目が一番のウリということで(笑)

最初は乗っていてすぐお尻が痛くなったけど、何度か
乗るうちに気にならなくなってきた。
多少乗り方のコツも分かってきたかもしれない。

で、もう一つ乗っていて思ったのがサングラスの必要性。
眩しさ対策もあるけど、なにより風やほこりで目が
痛くなる。やっぱり普通のメガネ着用では厳しいか、
というわけで、風の巻き込み対策にサングラスを買うことに。

インナーフレーム付きのスポーツ用サングラスといえば
よく目にするのがルディプロジェクト
取り扱い店舗に行くといくつかの種類があったけど
サングラス部分をはね上げることができるのは2タイプ。
エクセプションというモデルはサングラス部分を簡単に
分離可能だけど、メガネ部分だけで使う予定もないので
安い方のパーセプションを選んだ。
非球面タイプの一番安いレンズを付けて、総額で4万円超。
ちょっと痛いけど、まぁ快適に乗れるなら仕方ないか。

ところが、できあがったものを掛けてみるとレンズの
ゆがみがすごく気になる。遠近感、特に近くの感覚が
つかめなくてちょっとした段差も怖い。
最初はレンズの度が合ってないのかと思ったけど、
そうではなくて、顔に合わせてレンズがカーブしている分
どうしてもゆがみが生じてしまうとのこと。
うーん、正直これではサイクリングどころではない。

買った店に相談した結果、レンズの度を一段階落とすと
違和感も多少は薄れるかもしれないとのこと。
追加費用なしで対応してくれるとのことだったので、
試してみることに。

結局、一段階落としてもやっぱり多少の違和感はあるけど
かなりマシになって、これなら何とか使えるかなという感じ。
実際に掛けて走ってみたが、特に問題はない。
何より風の巻き込みから目を守れるのはありがたい。
使ううちにもっと馴染んでくるかもしれないし、
もうちょっと様子見かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »