« tayu-tau/クラムボン | トップページ | スバルよどこへ行く? »

2007/08/05

ばらの花/くるり

昨日はくるりのライブのため日帰りで鹿児島に行って来た。
今年6回目にして初めてのホールでのライブ。
くるりとしても、ホールでの全国ツアーは今回が初らしい。

6月末発売の新作「ワルツを踊れ」は、ストリングスが多用
されていたり、およそロックとはかけ離れたリズムの曲が
あったりで、今の日本のポップミュージックシーンでは
かなり異色のアルバムだと思う。
正直、最初に聴いたときは「ええっ!?」と思ったけど
何度も聴くうちにこれはこれでアリかなと思えるように
なってきたところ。

(以下ネタバレあり)

ライブが始まってすぐに違和感が。どうも会場に響く音と
目の前のステージの風景がリンクしない。
先月のクラムボンのライブがあまりにもいい音だったので
余計にそう感じたのかもしれないけど、まぁホールでの
ライブはそういうものかもしれない。
というか、ライブが進むうちに気にならなくなった。

くるりのサイトの岸田繁の日記でも紹介されているけど
今回のツアーのメンバーはオリジナルの2人(岸田、佐藤)
の他、ニャッキー(Dr)、カーウィン(Key/G)に加えて
コーラス兼パーカッションの3人。
ストリングスのアレンジをライブでどうするのかなと
思っていたら、アルバム1曲目「ハイリゲンシュタッド」が
途中で流れた以外はバッサリカットされて、ライブ用の
アレンジになっていた。まぁ当然か。
そしてステージはなぜか2部構成。しかし1部で新作の曲を
まとめてというわけでもなく、意図は謎。

印象的だったのが、白いシャツと黒のパンツにサスペンダー
というスタイルで揃えたコーラス3人、その名も
「ザ・サスペンダーズ」。ステージ上で時々見せる
3人お揃いでのコミカルな振り付けが楽しい。
かと思えば、コーラスの合間に踊りながらパーカッションを
叩く姿はそれぞれバラバラで、気がつけば目が釘付けに(笑)
特に紅一点エンユミさんの身のこなしは素敵だった。

ばらの花」は、くるりを聴くきっかけになった個人的に
思い入れが強い曲だけど、今回は凛とした女性コーラスが
入ることでオリジナルに近い雰囲気に。
Baby I Love You」「東京」なども分厚くて力強い
コーラスが入ってよかった。

くるりのメンバーも褒めていたけど、確かに鹿児島は
いろいろと美味しいものもあるしいい所だと思う。
会場のオーディエンスも、バンドのメンバーがステージ袖から
見えなくなるまできちんと拍手するし、アンコール要求の
拍手をサボる人もいなくて、いい雰囲気だった。
楽しいライブだった。

|

« tayu-tau/クラムボン | トップページ | スバルよどこへ行く? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/7420646

この記事へのトラックバック一覧です: ばらの花/くるり:

« tayu-tau/クラムボン | トップページ | スバルよどこへ行く? »