« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/19

tayu-tau/クラムボン

昨日はクラムボンのライブで博多百年蔵に行ってきた。
今回は1泊の行程、ホテルへのチェックインが早かったので
ちょっとだけ休むつもりが寝過ごしてしまい、ホテルを出よう
と思っていた時間を過ぎてしまっていた。

まぁ、百年蔵はもう何度も行っていて勝手も分かっている、
前の方はともかく30分前に着けばそれなりの席には座れる、
と思っていたら甘かった。
会場の前半分にイスが置いてあるのはいつもどおり、
ただベンチや小さなイスではなく肘掛つきの結構立派なイス。
これじゃいつも以上に人が入らないじゃないか・・・。
すでにイスに空きはなく、その時点で立ち見確定。不覚。

やっぱり百年蔵は音がいい。
八千代座もよかったけど、それとは違う種類の良さ。
全部の音がダイレクトに聴こえてくるし、限られた空間の中で
音の反響も含めてひとかたまりの濃密なサウンドになる。
一方、八千代座はもともと音楽専用ではなくて芝居小屋
という性格もあって、なんと言っても音の自然な広がりが魅力。
演奏する側からすればすごい快感だろうと思うけど、
聴く側からすれば、単純な音の良さという点では百年蔵の方が
いいかも。

もちろん、だからといって八千代座のライブがダメだった
というわけでは全然ない。ステージも会場の雰囲気もすごく
よかったし、芝居小屋だけあってどの席からでもステージが
見やすいのもいい所。
百年蔵は音は素晴らしいけど、場所によって楽しみ方が
大きく違ってくる。前のイスに座るスペースだと後ろの観客に
気兼ねしてライブの間中立って踊るというわけにはいかない。
逆に、後ろの方は前の方の観客が立ち上がるとステージは
ほとんど見えない。それでも、あの雰囲気の中であの音を
聴いているだけでも十分楽しいけど。

八千代座と百年蔵ではセットリストも一部違ったし、
同じ曲でも入りの部分などでアレンジが違ったりした。
その場所ごとによさがあるのがライブのいいところ。
Bass,Bass,Bass」の八千代座での演出は百年蔵では絶対に
無理だし。ちょっと期待したけど(笑)

そんな中「tayu-tau」は百年蔵でも「Long Song」に続いて
演奏された。アルバムどおりの流れで、アップテンポでは
ないけど、ライブの中での1つのピークになっている。

百年蔵は、これまでの積み重ねですでにクラムボンにとって
特別な場所になっている、とあらためて感じた。
特に郁子ちゃんは地元ということもあって気負うこともなく、
心地よさそうに歌ったり弾いたりする姿が印象的だった。
ファンもそれを分かっているから自然に会場は盛り上がるし、
そのいい空気がさらに3人のいいパフォーマンスを引き出す
という好循環。百年蔵には「神様」もいるし(笑)。
その点、百年蔵が一段上と感じるのは当然なのかもしれない。
八千代座もこれからライブを積み重ねていって、
いつか特別な場所の1つになってくれればいいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/15

Long Song/クラムボン

気が付くとこのblog、更新のきっかけのほとんどが
ライブに行くかCDを買った時のような・・・まぁいいか。

というわけで、約1年ぶりにクラムボンのライブに行ってきた。
会場は初の地元、八千代座という木造の劇場。
明治時代からある国指定重要文化財なのだそうだ。
さすがに建物の中も外もいい感じの雰囲気を醸し出していて
携帯で写真を撮っている人がたくさんいた。

チケットは「ち」の2番。多分「いろは~」で8列目か、
まぁまぁだな・・・と思っていたら、なんと最前列だった。
会場の1階はアリーナ(?)部分が畳敷きの升席で、
その周辺は段差が付いて高くなっている。
中央部分を取り囲むように2階もあって、開演前に昇って
みたら、ステージまでわりと近くてどの場所からでも
楽しめそうな感じだった。

ライブは、おそらく八千代座だけのオープニングアクトあり、
升席の中で時には座って、時には立って揺れながら。
台風の影響で残念ながら延期になった昨日の鹿児島の分まで
エネルギーを吐き出すかのような3人のパフォーマンス。
でもトークは相変わらずまったりと(笑)

それにしても、ミト君も言っていたけど本当に音がいい。
博多百年蔵の狭い空間の中での濃厚でまったりとした
雰囲気も独特の魅力があるけど、八千代座はもっと解放感
があって、音の響きが何ともいえず素晴らしい。

百年蔵もそうだけど、木造の会場は音楽との相性が抜群。
明らかにライブハウスや普通のホールとは違った空気が
漂っていて、曲に引き込まれるというかトリップしそう。
Long Song」では、まるで太陽のようにステージ中央の
1箇所だけ照明が灯り、幻想的な雰囲気で鳥肌が立った。

そして、忘れてはいけないのが謎のDJと怪しげな2人(笑)
升席にもかかわらず久しぶりにピョンピョン飛び跳ねて
しまった・・・楽しかった。

3人も気に入ったようだし、またぜひ八千代座でライブ
をやってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »