« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/17

君が気高い孤独なら/佐野元春

水曜日、佐野元春の新作「Coyote」が発売された。
前作「THE SUN」がものすごく密度の濃いアルバムだったので
「えっ?もう新作?」という感じだけど、「THE SUN」の
リリースは2004年の7月だから、よく考えるともう3年経って
いるわけで。

毎回、佐野元春は何か驚かせてくれる。
今回のアルバムでまずびっくりしたのが参加メンバー。
基本は深沼元昭(G)、小松シゲル(Dr)、高桑圭(B)という
新しい3人で、いつものHKB(THE HOBO KING BAND)からは
Dr.kyOnと山本拓夫が数曲参加しているのみ。
今回だけなのか、今後もそうなのか、気になるところ。
そしてアルバムタイトルの「Coyote」。
何故に今、コヨーテ・・・?(笑)
でもジャケットはかなりのインパクト。素敵だ。

アルバム1曲目「星の下 路の上」は勢いのあるシンプルで
タイトなロックンロールで、「THE SUN」の曲とは全然違う。
で、「Coyote」がシンプルなR&Rアルバムなのか、というと
そればかりでもなくて。
音の質感は「THE SUN」と共通する部分もあるような、でも
やっぱり違うような。

3曲目の「君が気高い孤独なら」はちょっと「Young Bloods
を彷彿とさせるような、軽やかで清々とした曲。
初回限定盤付属のDVDに収録されているミュージッククリップも
ピースフルでとてもいい感じ。

メンバーが変わって、当然サウンドもこれまでとは違うけど、
アルバム全体通して何度か聴いているうちに、これもアリかな
と思えてきた。
何より、音楽を楽しみつつ音にこだわり、音楽に真摯に
向き合う姿勢というのが伝わってくる。

しいていえば、これから夏に向かうこの時期とアルバムの
サウンドの相性があまりいいとは思えない。
きっと秋冬だともっとしっくりくるんだろうけどなぁ。
まぁ、その辺を気にしないのも佐野元春らしいところかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/16

Q&A/100s

昨日、100s(ひゃくしき)のライブで福岡のDRUM LOGOSに行った。
会場に着いたのが開場30分後だったにもかかわらず、まだ会場に
入り切れてない人が結構いてちょっとあせる。

ライブは先月発売の新作「ALL!!!!!!」からの曲を中心に、
100s名義のもう1つのアルバム「OZ」の曲も混ぜながらの演奏。
もうすっかり中村一義のバンドというより、100sというバンドの
音になったなぁという印象。

新作に収録されている「Q&A」はイントロからしていかにも100s
らしい曲だけど、ライブでは前作の「Honeycom.ware」に続いて
演奏されて、そのつながり方がとてもよかった。

今回のツアーは博多が初日とのことなので、以下ネタバレ注意!
ということで・・・。

・アンコールでは、中村一義のデビュー曲「犬と猫」(!)、
 町田昌弘(G)のソロ曲に続いて、ファンキーキーボード池ちゃんの
 ソロプロジェクト「レキシ」名義の曲も披露。
 この「レキシ」には、100sメンバーも全員参加しているとのことで
 ライブでは「Good byeちょんまげ」が演奏された。
 一度は聴いたことがある歴史上のフレーズがファンキーなサウンド
 に乗っていて、めちゃくちゃカッコよくておもしろい!
 すっかりバタードッグを思い出した。
 しかも音を出しているのは100s。不思議な感じ。

・ライブはアンコールを含めて2時間ほど。ライブハウスだし、
 まぁこんなもんか。
 でも一番印象的だったのは、なぜかキーボードの合間に狂った
 ようにタンバリンを叩く池ちゃんの姿だったりして(笑)
 楽しかった、けど強いて言えば、「100s
ERA」の曲も
 もっと聴きたかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/09

スバル インプレッサ

新インプレッサの国内バージョンが公開されている。
すでに色々な情報が出回っていたので覚悟はしていたけど
あらためて確定情報を見てがっかり。

全体的なスタイルはそう悪くない、と思う。
が、あのフロントグリルはつながり眉毛のようで鷹目も台なし。
先代のスプレッドウィング・グリルの方が全然いいような。
普通オプションのグリルは好きな人はどうぞというレベルだと
思うが、今回ばかりは真剣に検討する人が増えるのではないかと。

そしてさらに致命的なのがクリア化されたテールランプ
色といい形といい全く品がない。信じられないセンスだ。
せめてアクセラ並にできなかったのか・・・。
これだけでいくら中身がよくてもとても買う気になれない。

グレード構成やオプション選択の自由度にも不満あり。
車格から一番バランスが良さ気な20SはMTが選べない。
せめて5速ATならよかったのに。
しかも2リッターでホイルキャップが標準仕様とは・・・。

15Sの方はどうしてもブレーキの貧弱さが気になってしまう。
軽量化ということで期待していたら先代モデルと変わってないし。
まぁ、ダブルウィッシュボーンサス採用で同じ重量ということで
他の部分で軽量化したと言いたいんだろうけど。
そしてオプションでもアルミホイールは選べない。
これはそう問題はないけど。

とりあえず今年は車検を受けて、次の年改まで様子を見る決心が
ガチガチに固まった(笑)

3ナンバー化されたのも残念。
これでスバルを選ぶなら軽か3ナンバーしか選べないという
ことになってしまった。
いくらスバルのエンブレムが付いていてもパッソ/ブーンには
乗りたくないしなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »