« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/10

FREE/DONAVON FRANKENREITER

昨日、ドノバン・フランケンレイターのライブに行ってきた。
場所は福岡のDRUM LOGOS。
ライブハウスって開演までの待ち時間がつらいんだよな、
イスもないし・・・と思いつつ中に入ると
開場後10分くらい経っているのにまだ中は結構余裕あり。
というわけで、前の方の右側の背もたれ用の柱をキープ。
ステージ中央のマイクまで5~6m。よしよし。

ライブはドノバンの前にまずTimmy Curran(ティミー・カラン)
のステージが1時間弱。
このティミー・カランという人、全然知らなかったのだが
声がいいし、ギターもうまい。
ドノバンに比べるとサウンドの線が細い感じだけど、
決してひ弱な感じではなく、ドライブ感もある。
なんでも、現役のサーファーで今年メジャーデビューとか。
要チェックだ。

ドノバンは思っていたよりがっしりとした体格で
髪もヒゲも伸びていて王様のようだった。
バンドはヴォーカル/ギターのドノバンの他、ベース、キーボード、
ドラム、パーカッション。
太くてゆるくてファンキーなサウンド全開。

アンコールは2回。1回目の途中でティミーが呼び込まれ
FREE」を共演。
ちょっとはにかみながら歌うティミーが微笑ましかった。
ライブ中、ドノバンが会場にコール&レスポンスを仕掛ける
シーンが何度かあったけど、ここでも。
この曲は「♪FREE~」と英語が簡単なのでよい(笑)

1st2ndアルバムのオープニング曲は2回目のアンコールに
取っておくという展開で、ライブは最後でさらに大盛り上がり。
楽しかった。
タテノリがいっさいないライブって楽でいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/03

どろろ

どろろ」を観てきた。原作は読んだことがないけど
意外とおもしろかった。

<よかったところ>
・柴咲コウのアクション
 人間との格闘シーンの動きは素人とは思えなかった
・中井貴一の殺陣
 キレのある身のこなしでシーンが引き締まった
・オープニングの音楽
 無国籍な感じが
・美しい自然風景の映像
 海も山も草原も

<イマイチなところ>
・妻夫木聡の百鬼丸
 どうも迫力不足、優しさがにじみ出てしまう
・中井貴一の悪役
 声がどうしても悪役向きじゃない
・魔物が死ぬときがグロい

やっぱり、なんといっても柴咲コウ。
彼女なしではこの映画は成り立たない。
かなりの作品に出ているけど、いつもきっちり
仕事してるのはさすがだと思う。
気の強い役ばかりのような気もするけど。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »