« 風邪のにおい | トップページ | シカゴ/クラムボン »

2006/12/08

武士の一分

家から一番近いシネコンで「武士の一分」を観てきた。
室内に入ると指定された席のすぐ隣りにジジババ軍団がいて
スナックをほおばりながら大声で世間話中。
これじゃ映画に集中できない、とその場をスルー、
ちょっと前の誰も座ってないブロックへ。
結局映画が始まってもそのブロックには誰も座ることもなく
ゆっくり楽しむことができた。
というか、ガラガラなのになんで詰めて座らせるのか謎だ。

で、映画の方は全く驚きのないストーリーのわりにまずまず。
妻役の檀れいは、TVで観たときはパッとしないなと思った
けど、スクリーンの中ではとても素敵だった。
キムタクも抑えめの演技でよかったと思う。時々訛りが
なくなってフツーにしゃべってたけど(笑)

正直、泣いた。でもなぁ・・・すごくいいよ!と人に
勧めたくなるほどではなかった。
個人的には「隠し剣 鬼の爪」の方が好きだな。

|

« 風邪のにおい | トップページ | シカゴ/クラムボン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/4473955

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分:

» キムタク『HERO』が映画で復活! [フジテレビのドラマ@情報室]
”キムタク”を含む記事にTBさせていただいております。ご迷惑でしたら削除してくださいませm(_ _)m。 キムタクのドラマは大体見てきてますが、この『HERO』はダントツに面白かったですね。キムタク演じる久利生(くりゅう)検事のキャラは、『踊る大捜査線』の青島刑事(織田裕二)がモデルになってるとか。確かにキャラ的に被(かぶ)るところはあるけれども、やはりSMAP・木村拓哉の人気は強いでしょう。... [続きを読む]

受信: 2006/12/09 13:26

« 風邪のにおい | トップページ | シカゴ/クラムボン »