« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/25

深爪解消計画

小学生の時からすっと深爪だった。
特に両手の薬指がひどい。
爪を噛むクセはない。単純に爪を切るときに切りすぎて
繰り返すうちにどんどんそうなった。

ひどいといってもここまでひどくはない。
とはいっても白い部分がなくなるギリギリまで切っても
白い部分を残しても、結構みっともない。

我慢して爪を伸ばした状態を続ければ、少しずつ
爪の裏側の肉がくっついてきて、深爪が治っていくらしい。

ホントはネイルサロンに通えばいいんだろうけど
やっぱり男は行きづらい。

たまにギターを弾くこともあって、これまで治すのは
あきらめてきたが、思い切って半月ほど前から爪を
できるだけ切らないようにしてみた。
伸びてきて汚れが溜まれば不潔に見えるし、何かと
引っかかったりする。結構不便だ。

気がつくと、確かに以前より深爪は解消されている。
ような気もする。ほんのちょっとだけ。
これじゃまともになるには、あとどれだけかかるんだろう。
もうちょっと頑張ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/24

BOSEのヘッドフォン

普段i-Podは専用インターフェイス経由でカーコンポに接続
しているから、ヘッドフォンで聴く機会はそんなにない。
とはいえヘッドフォンで聴くことが全くないわけではく
そんな時付属品の純正ヘッドフォンの音の悪さが気になっていた。
低音はわりと出ていてパワー感はそれなりにあるけど
中高音の伸びがないというかツヤがないというか。

ネットで携帯オーディオ用ヘッドフォンを調べてみると
ピンからキリまで各社からいろいろ発売されているけど、
金額や性格、デザインなどのバランスで全体的に決め手に
欠けるものが多い。

そんな時BOSEのヘッドフォンを発見、どうも最近発売された
ばかりらしい。
デザインがクールだし、BOSEにハズレはないだろうということで
即注文、ようやく届いた。

しかしこれ、どうやって開けるんだろう。
PETのケースが密封状態で、どこにも開け口が見あたらない。
シールには「開封の際には手などをケガしないように注意」
「開封時にコードなどの内容物を傷つける恐れがあるので
十分に注意」などと書いてある。おいおい(^^;
結局カッターナイフでパッケージを切り開いて開封。
結構大変だった。

早速数時間慣らした後、聴いてみる。
聴き比べてみると、音の質感とか位置関係の感じ方が全然違う。
低音を増強した携帯オーディオ用のチューニングとはいえ、
基本的にはフラットでナチュラルなBOSEらしい音。

パワー感があると思っていた純正は、逆にメリハリがなくて
常に全開という感じで、聴いていて疲れてしまう。
ちなみにパナソニックのMD付属のヘッドフォンでも聴いてみたら
こっちは高音のシャリシャリした感じが耳についてさらに
聴きづらかった。数年前はよくこんなので聴いてたなぁ。

もう少しエイジングが進めばもっといい感じになるだろう。
とりあえずよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/16

レッツゴー7~8匹/リップスライム

ヒットチャートをにぎわす売れ筋の曲だからという理由で
聴く前から選択肢の対象外にするのはもったいない。
10年くらい前から特にそう思うようになった。
自分にとって、その典型的なグループの1つがリップスライム

というわけで、最近はリップの新しいアルバム
よく聴いている。

リップの魅力、といえば人それぞれだろうけど、
個人的には圧倒的にDJのFUMIYAが作るトラック。
アッパーなものもメロウなものもとにかくカッコいい。
ホントはゴーストライターがいるんじゃないのか、
と疑いたくなるくらい若いときからカッコいい音楽を
作っている。すごい才能だ。
もちろん、他の4人もそれぞれいい味出してると思う。

で、今回のアルバムで一番気に入ってるのは
8曲目の「レッツゴー7~8匹」。
スチャダラパーとの共作。ここでももちろんトラックはいい。
「...だけど!!」
スチャダラが絡むことでさらにルーズでファンキーな
感じになっていて、一段高いところに登ったような。
いいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/12/09

シカゴ/クラムボン

タワレコに行った。
先月出たクラムボンのライブアルバム「3peace」を見つけた。
7月に博多百年蔵で行われたライブを収録したもの。

もともとライブアルバムはあまり好きじゃない。
スタジオで録った作品はCD等として聴かれることを前提に
作られているけど、ライブはその場で完結するから
後でライブ盤、しかも編集されたものを聴いても
イマイチ良さが伝わってこないことが多いからだ。
もちろん例外もあるけど。

今回も買うつもりはなかった。ただちょっと試聴してみただけだ。
「そういえばこのライブに行ったよな」と思いつつ。
だけど1曲目「シカゴ」のイントロというかドラムを聴いたとたん、
「ああ、これは買わなきゃ」と思った。
この空気感は、まさにあの時のもの。

博多百年蔵でのライブは7月の10日と11日。
自分がその場で聴いたのは11日だけど、今回収録されているのは
10日のライブ。MCはもちろん演奏も微妙に違う。
1日目の方が自由奔放なのに対して、2日目はもう少し演奏が
タイトだった気がする。音楽的には2日目、でもライブ感としては
1日目、ということかな。

コロムビアのサイトにミト君のこのライブ盤についての
ライナーがあって、読んで納得。やっぱ買ってよかった。

でも、これは通勤中には聴けないな。
流れで一気に聴きたいし、ノリノリになったら仕事に行きたく
なくなってしまうから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/08

武士の一分

家から一番近いシネコンで「武士の一分」を観てきた。
室内に入ると指定された席のすぐ隣りにジジババ軍団がいて
スナックをほおばりながら大声で世間話中。
これじゃ映画に集中できない、とその場をスルー、
ちょっと前の誰も座ってないブロックへ。
結局映画が始まってもそのブロックには誰も座ることもなく
ゆっくり楽しむことができた。
というか、ガラガラなのになんで詰めて座らせるのか謎だ。

で、映画の方は全く驚きのないストーリーのわりにまずまず。
妻役の檀れいは、TVで観たときはパッとしないなと思った
けど、スクリーンの中ではとても素敵だった。
キムタクも抑えめの演技でよかったと思う。時々訛りが
なくなってフツーにしゃべってたけど(笑)

正直、泣いた。でもなぁ・・・すごくいいよ!と人に
勧めたくなるほどではなかった。
個人的には「隠し剣 鬼の爪」の方が好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/05

風邪のにおい

なかなか信じてもらえないけど、まわりに風邪にかかっている
人がいると分かる。なんとなくにおいで。
その人から風邪をもらったら、それも分かる。

職場の隣の席の人がひどい風邪。昨日は1日休んだけど
まだ結構ひどいようだ。においで分かる。

風邪をもらわないようにしなければと、1日気を張って
何度もうがいしたりしたんだけど、やっぱり夕方フッと
気を抜いたときにもらってしまった。寒気と頭痛が。

晩飯時に味噌汁にゆず胡椒を入れて飲んだら少し回復。
こんな時は暖まってゆっくり寝るに限る。
今日は早く寝よう。
明日早朝は欧州CLの放送があるし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »