« 最近ちょっとヤバイかもと思ったこと | トップページ | 浜田知明 »

2006/10/19

温故知新/忌野清志郎

今月リリースされた清志郎の新作「夢助」。
サウンドがいつもより少し腰の落ちたしっかりした音で
穏やかだけど力強い。
全編ナッシュビルでレコーディングということだけど、
アルバム全体にその場所の空気感が漂っているようで
いい感じだ。佐野元春の「The Barn」を思い出した。

歌詞の中には相変わらずシンプルでストレートな表現
も多いけど、あの声とこのサウンドのおかげで
ちっとも嫌味じゃなくて説得力がある。
根底にあるのはいつもどおり、Love&Peace。
この人はホントに心優しくて誠実な人だと思う。

「温故知新」の中のフレーズ

 「古いギターは いい音がするのさ
  新しいギターほど 派手な感じじゃないけど」

が、このアルバム全体の印象ともダブる。

この前、映画「太陽」を観てちょっと怖さを感じたのも

 「古い世界も 知らないくせに
  新しい事など 何もできっこないさ」

が引っかかっていたからかもしれない。

最後の曲「あいつの口笛」もすごくいい。

|

« 最近ちょっとヤバイかもと思ったこと | トップページ | 浜田知明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/3886481

この記事へのトラックバック一覧です: 温故知新/忌野清志郎:

« 最近ちょっとヤバイかもと思ったこと | トップページ | 浜田知明 »