« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/28

ダンスミュージック☆あいつ/leyona

昨日、博多BEAT STATIONのレヨナライブに行ってきた。
今回も6月のイベントと同じバンドメンバー。
おなじみの面子に加えてリズム隊も素晴らしく、演奏を一段
高い所に引き上げていた。レヨナ史上最強バンドだと思う。
「忌野清志郎さんに書いてもらった曲です」という短いMCの後
始まった「ダンスミュージック☆あいつ」での演奏のキレは
このメンバーならでは。
またこのメンバーでやってほしいなぁ。

セットリストが新作中心なのは当然として、それ以外が結構
マニアックな選曲。
ラティールのラップが入る「The Beat Goes On」はあったけど、
定番の「風をあつめて」「Sea Shore」や盛り上がる
Whoa Child」「NITE CLUB」がなかったのは残念。

その影響もあったのかもしれないけど、会場のノリはイマイチ。
いや、今年行った他のライブの盛り上がりがすごかったから
そう感じただけで、他の人はそう思わなかったかもしれないけど。
でも、もう少し拍手してもいいんじゃないかな。
いいパフォーマンスを見せてくれたんだから。
レヨナとバンドがガッカリしてなければいいけど・・・。

とはいえ、やっぱりレヨナのライブは楽しい。
また次も絶対行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/27

胃カメラ初体験

人間ドックに行ってきた。
人間ドック自体ははじめてじゃないけど、今回は
気分転換に医療機関を変えてみたら、検査項目の中に
バリウムを飲んでの胃透視ではなくて胃カメラがあった。

正直あまり気が進まなかったけど、毎日たくさんの人が
受けてるんだから大丈夫だろうということで覚悟を決める。
まぁ、バリウムも気持ちのいいものでもないし。

検査前にまず胃の中をきれいににする薬を飲み、
胃の働きを抑える筋肉注射を打ち、のどの麻酔、
さらに鎮静剤まで使うため、検査中は意識がなくて
気がついたら終わってた。
モニターが目の前にあって生の映像を見れると思っていた
のでがっかり。
しかもいつのまにかベッドごと別の部屋に移動してるし。

最後に写真を見ながら検査結果の説明があった。
特に異常なしということで一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/24

アーセナル快勝

今シーズンから昇格のシェフィールドU相手に前半は
攻めあぐねていたが、後半ギャラスのゴールで先制すると
その後は攻め続け、結局3-0。

開幕からなかなか波にのれていなかったが、ようやく
2連勝でエンジンがかかってきたようだ。
一方でチェルシーも勝って、しっかりリーグトップ。
ついでにビラも好調をキープ。試合は観てないけど。

アーセナルはユニフォームのベース色がここ数シーズンの
エンジ色から数年前の鮮やかな赤に変わったけど
ようやく見慣れてきた、というかこっちの方が強そうだし。

それにしてもギャラスとアシュリー・コールのトレードって
両チーム、両人にとってもよかったようで。
でも、背番号が空いていたとはいえDFのギャラスが10番って
すごいな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/17

スバル フォレスターAIRBREAK

ディーラーに車を預けたら代車がフォレスターのAIRBREAKだった。
NAグレードにサンルーフ、ナビ、本革(一部)シートなどの装備
が付いたもの。

基本的な印象は1年前と変わらず。
運転してみると、まるでもう何年も乗っているような感じで
とっても乗りやすい。

でもこの装備はどうだろう。
実は、今乗っている車もサンルーフ付き。
買う前は、遠出した帰りにちょっと車を停めてシートを倒して
星を眺めるのもいいかも・・・と思っていた。
でももう8年近く乗っているけど、そんな使い方をしたことは
一度もない(笑)
ナビもなくてもいいし。むしろi-Podとの相性の方が気になる。

これで本体価格が230万円弱、もともとこの装備を付けるつもり
ならお得だけど、自分ならそれだけ払うならレガシィの2.0i
の方がいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/13

X-MEN ファイナル ディシジョン

X-MEN ファイナル ディシジョン」を観てきた。
話題作はあまり観ない方だけど、このシリーズはわりと好きだ。
実際今回も面白かった。

結局、自分と違うものを認めず排除しようする考えが
3作を通じて争いの原因。
ミュータントの存在を認めず迫害しようとする人間と
自分たちを迫害から守るために社会に牙をむくミュータント。
善悪の基準って何だろうと考える。

価値観は人それぞれ。ローグの選択、それを尊重する
ウルヴァリン。でも、本人の選択とはいえ、こんな時
科学はどこまで許されるんだろうと思ったり。

プロフェッサーのジーンに対する行為もウルヴァリンのそれも
本当に相手のことを想うがゆえの選択。

ガンダルフ、じゃなかったイアン・マッケラン演じる
マグニートーが魅力的。思想は違えてもプロフェッサーに対する
敬意は持ち続けていたり。完全な悪ではなくて最初から最後まで
いい味出している。

でもサイクロップスとミスティークの扱いにはびっくり。
特にサイクロップス。主要メンバーじゃなかったっけ・・・?
逆にストームは回を重ねるごとにステキに。

結構辛口、容赦のないストーリー展開だけど楽しめた。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/09/12

What Is This Thing Called Love/ART PEPPER

9月に入ってようやく日中以外はうだるような暑さから
解放されるようになってきた。
夏の間はサーフロックやレゲエ、ボッサを聴くことが
多いけど、いつも秋から冬にかけて、ときどき無性に
JAZZが聴きたくなる。

本格的な秋はまだもうちょっと先かもしれないけど
先週久しぶりにJAZZアルバムを2枚買った。
その1枚が「MODERN ART/ART PEPPER QUARTET」。

JAZZにもいろいろあるけど、持っているCD、レコードの9割
以上は50年代の作品。
別にそれ以降や現代のJAZZを否定するわけじゃないけど
50年代前後の作品が一番好きだ。
音が悪いものもあるけど、聴いていて気持ちいいし、
空気感というか何というか引き込まれる感じがいい。

本当はサックスならアルトよりテナーの方が好きだ。
でも、誰かに勧めるならまずはART PEPPER。
華やかで重すぎず、いつどこで誰が聴いても楽しめる。

「What Is This Thing Called Love」は古今東西たくさんの人が
カバーしていておなじみの曲だけど、ART PEPPERにかかれば
期待どおりの演奏になってしまう。
飲み屋でこんな曲が掛かっていれば、気持ちよく酔えること
間違いなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

ビッグ・リバー

先週に続いてオダギリジョー出演の映画を観た。
今日は「ビッグ・リバー」。
完全な外国映画かと思っていたら監督は日本人らしい。
だからだろうか、一見外国映画だけどいろいろな部分で
日本人的な感覚を感じた。
一番違和感があったのがアメリカ人女性サラの描かれ方。
あんなかわいいアメリカ人が本当にいるのか?(笑)

あと、何でタイトルが「BIG RIVER」なのか、最後まで
分からなかった。

で、この映画どう?と言われれば、結構好きだ。
ストーリーはシンプルだし、映像も幻想的なので
DVDを買って部屋で流しっぱなしというのもいいかも。

あてのないドライブ、いいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/07

下北サンデーズ最終回

終わってしまった・・・。
先週の次回予告を見て、最終回はしりすぼみかなと
思ったけど、思った以上によかった。
ラストの笑顔もよかったけど、トラックの荷台で
バンドが復活して、ゆいかの「ハイッ」で牛乳おじさんが
思わず歌い出すシーンが個人的にはグッときた。

回を重ねるごとにサンデーズの主要メンバー以外が
どんどん影が薄くなっていったのは残念。
打ち切りの影響もあったのかもしれない。
せっかく採用した企画なんだから、最後まで付き合って
思うように作らせて欲しかったなぁ、テレ朝は。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/04

ゆれる

ゆれる」を観てきた。
見応えのある、映画らしい映画だと思った。
ミノルが拘置所でタケシに見せる怪しさと法廷での態度のギャップ、
特にクライマックスのシーンでのタケシの証言を聞くミノルの
穏やかな顔が印象的。
どうしてもタケシの視点でストーリーを追ってしまい、終盤まで
ミノルの怪しさばかりが目に付くけど、実は・・・。

ラストは多分、観る人によって解釈が別れるところだろう。
個人的には、救いのある話だった、と思いたい。
細かい部分で?な所もあるし、もう一度じっくり観てみたいと思った。

若かりし頃の父の役も演じていた伊武雅刀、頑張ってたなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スリランカカレー

本格カレーが食べたくて、雑誌で気になっていた店に行ってみると
店休日なのか閉まっていた。
すでにすっかりカレーモードだったので、ちょうどすぐ近くに
あったスリランカカレーの店に入ってみる。
店員が日本人じゃなくてちょっとびっくり。

初めてだったのでとりあえずスリランカカレーを注文、辛さは
最高の星三つ。辛さのレベルは選べないようだ。
ランチはどれもサラダ、アイス、ドリンク付き。

メインのカレーは、プレートの真ん中に白ご飯、赤みがかった
サラサラのスープに具は鶏肉とジャガイモのみというシンプルな
ものだった。
わりと辛いもの好きなので、軽い気持ちで一口。
・・・結構、いや、かなり辛い。汗が噴き出してくる。
隣で食べている人なんてむせてるし(笑)
容赦のない辛さだ。ナメていた。
足ツボマッサージに例えるなら、確実に英国式ではなくて
タイ式だ。

基本的にカレーを食べるときに何か飲みながらというのはない
けど、今日はさすがに時々水を口に含まずにはいられなかった。
それでも、食べているうちにだんだん慣れてくるから
不思議なもんだ。

本当はカレー、特に辛いものの後はコーヒーが飲みたいところ
だけど、食後のドリンクは紅茶のみ。さすがスリランカ。
紅茶を飲んでいると、となりに座った女性客に店員が注文を
取りに来た。「辛サハドウシマスカ?」
なんだ、選べるのかよ!まぁいいけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/02

下北サンデーズ打ち切り・・・

普段あまりテレビは見ない。ましてやドラマはほとんど見ない。
でも今クールは録画してでも毎週欠かさず見ているドラマが
2本ある。「結婚できない男」と「下北サンデーズ」だ。

「結婚できない男」の方は視聴率も上々らしいけど
「下北サンデーズ」はそうでもないらしく、打ち切りで
当初より1話短くなる
そうだ。
その理由が「シンクロのワールドカップを楽しんでいただくため」。
あー、もう。この決定にはホント、ガッカリだ。
ダメだなぁ、テレ朝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »