« ドイツvsアルゼンチン | トップページ | ブラジルvsフランス »

2006/07/02

イングランドvsポルトガル

イングランドはルーニーが1トップの4-1-4-1、
ポルトガルはデコのポジションにティアゴを置く
4-2-3-1。

0-0で折り返した後半早々、動きがよくなかったベッカム
とレノンが交代するが、ルーニーが審判への抗議で(?)
一発退場。もったいない。

ここでポルトガルは1トップのパウレタを下げ
シモン・サブロサを投入、C.ロナウドがトップに。
1人少ないイングランドだが、中盤底ハグリーブスの
獅子奮迅の活躍と交代で入ったクラウチのポストプレーで
キープ率は互角。むしろボールの収まりどころがない
ポルトガルにリズムが生まれない。

終盤ようやくフィーゴに代えてポスティガ投入、
再びC.ロナウドが2列目に。
延長に入るとさすがにイングランドも動きが落ち
ポルトガルがゴール前でボールをまわす時間が増えるが
イングランドは中央を固めてゴールを許さない。
それにしても、イングランドのセンターバックの2人は固い。

延長残り2分、イングランドはレノンを下げて
キャラガーを投入、完全に逃げ切りをはかる。
ポルトガル最後の猛攻も実らず、勝負はPK戦へ。

結局、PK戦を制したポルトガルが準決勝進出。
個人的に応援しているチームで唯一残った。
イングランドは、よりによってランパードとジェラード
という最も頼りになる2人が揃って止められてしまった。
皮肉なもんだ。

|

« ドイツvsアルゼンチン | トップページ | ブラジルvsフランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/2465756

この記事へのトラックバック一覧です: イングランドvsポルトガル:

« ドイツvsアルゼンチン | トップページ | ブラジルvsフランス »