« フランスvsスペイン | トップページ | イングランドvsポルトガル »

2006/07/01

ドイツvsアルゼンチン

ほぼいつもどおりのスタメンのドイツに対して
テベス、ルイス・ゴンサレス、コロッチーニと3人を
入れ替えてきたアルゼンチン。
特にテベスとコロッチーニはフィジカルに強いドイツ対策
ということかもしれない。

試合は後半開始直後のCK、アジャラのヘッドという予想外の
展開でアルゼンチンが先制するが、GKの負傷交代という
アクシデントにリケルメをカンビアッソに交代、守備重視の
作戦に出る。

ドイツはシュバインシュタイガーに代えてボロウスキを投入、
これがあたりボロウスキが競ったクロスをクローゼが押し込み
同点。こうなると流れはドイツ。
アルゼンチンはリケルメが下がってからリズムのいい
パス回しが見られない。

結局延長でも決着が着かず、PK戦で2本を止めたドイツが勝利。
スペインに続いてアルゼンチンも負けたか。
グループリーグで良すぎたんだよなぁ。
それにしても、メッシ、サビオラ、アイマールといった
ドイツが苦手にしそうな選手をベンチに置いたまま負けるなんて。
残念だ。

|

« フランスvsスペイン | トップページ | イングランドvsポルトガル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/2465685

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツvsアルゼンチン:

« フランスvsスペイン | トップページ | イングランドvsポルトガル »