« 日本vsクロアチア | トップページ | 日本vsブラジル »

2006/06/21

星を摘んで帰ろう/畠山美由紀

畠山美由紀のライブにはじめて行ってきた。
会場は福岡市のももちパレス。

ライブが始まり、畠山美由紀が真っ赤なドレスで登場、
ゆらゆら揺れながら気持ちよさそうに歌う。
ジャケットとかの写真よりも実物の方が全然キレイだな
と思った。

何気にバンドのメンバーも豪華。
ナタリーワイズの斉藤哲也や元ポラリスの坂田学、最近
いろいろなミュージシャンといい仕事をしている高田漣など。

畠山美由紀の歌は、例えば素材の旨みがぎっしり詰まった
ものすごく濃い、でもぜんぜん雑味がないスープのような
感じ。

彼女のライブには好きな人と行くべきだ。それが無理なら
1人で。間違っても好きでもない異性と一緒に行っては
いけない。なぜなら、一緒に歌を聴いているうちに
好きになってしまうから。なんつって。
でもそれくらい、彼女の歌には心に直接響く力がある
と思う。

そんな彼女だけど、メンバー紹介の途中で背後にあった
マイクスタンドにぶつかって、でもスタンドじゃなくて
誰かにぶつかったと思ったのか、「スミマセン」と
謝った後スタンドだと気がついて照れていた。
おちゃめな人だ。

「星を摘んで帰ろう」は、今年出たアルバム「リフレクション
に収録。彼女が飼っている猫のことを歌った歌。
とてもきれいで優しい気持ちになれる曲だ。
このアルバム自体凄く豪華なメンバーが作詞・作曲・演奏に
関わっている。すごく聴き応えがあって、でも聴きやすい。
発売から2ヶ月以上経つけど、未だにヘビーローテーションだ。

|

« 日本vsクロアチア | トップページ | 日本vsブラジル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/2311027

この記事へのトラックバック一覧です: 星を摘んで帰ろう/畠山美由紀:

» リフレクション / 畠山美由紀 [心理学とタイとDOCO]
2006年4月に発売された 畠山美由紀の3枚目のソロアルバム。 なんだか「和み」や「太い優しさ」を感じるアルバムです。 ピアノ曲が多いせいか 落ち着いた女性の香りがしましたw 「くちずけ」「若葉の頃や」「水彩画」が気にいっています。 ここで視聴できます! http://www.neowing.co.jp/SPACE_SHOWER/detailview.html?KEY=RZCD-45363 美由紀さんの醍醐味は LIVE と ファンの方々は口を揃え..... [続きを読む]

受信: 2006/06/25 16:24

» ♪芸能人のアノ歌声♪ [♪芸能人のアノ歌声♪]
グラビアや声優からのCDデビュー、数多い新人のCDリリース。安易な出しすぎに疑問。主観的に歌の上手い下手をシビアに語る。 [続きを読む]

受信: 2006/10/17 15:41

« 日本vsクロアチア | トップページ | 日本vsブラジル »