« もうすぐワールドカップ開幕(その2) | トップページ | もうすぐワールドカップ開幕(その4) »

2006/06/05

もうすぐワールドカップ開幕(その3)

グループEも全て平均以上のチーム。
選手のネームバリューからいえばイタリアが抜け出している
けど、実際は本当に分からない。厳しい組だ。

イタリアは確かに豪華メンバーだけど、ジラルディーノとトニ
というセンターフォワード2人の組み合わせが本当にベスト
なのかは微妙だし、ディフェンスに以前ほどの層の厚さもない。
何よりピルロが完全に調子を落としている。
それでもデルピエロやインザーギがいるベンチはやっぱり
脅威だろうし、首位かどうかはともかくとしても
個人の力で強引にグループリーグは突破しそう。

チェコは前回ワールドカップ~ユーロの時に比べると
どうしてもピークを過ぎたという感じが否めない。
でもバロシュ、ロシツキ、ヤンクロフスキといった
脂がのりつつある選手がいるし、なんといっても
GKはチェフだ。

アメリカは派手さはないけど強い。
個人的には、もしも日本が決勝トーナメントに進んだ時に
一番当たって欲しくないチームだ。
ガーナもタレント揃い、多分ヨーロッパ的な戦い方をしてくる
チームなんだろう。この組も目が離せない。

さてグループF。正直日本には厳しいかもしれない。
ただグループリーグ通過の可能性もないことはない。
日本以外のチーム同士の試合結果も気になるところだ。
特にブラジルとクロアチアはおもしろそう。

ブラジルの攻撃陣は確かにズバ抜けている。
ロナウジーニョ以外の攻撃陣もみんなスーパー。
個人的にはプレーに波がないカカが怖い。
2連勝して日本戦にはメンバーを落としてくるんじゃないか
なんて声もあるけど、どの国もブラジルを警戒している中で
3勝するのは結構難しいんじゃないかと思う。
仮にレギュラーを休ませたとして、ロビーニョとかシシーニョ、
ジュニーニョ・ペルナンブカーノが出てきても日本としては
嫌かも。
まあ、GKのジーダは絶好調ではないし、穴が全くないわけでも
ないと思う。
そして決勝トーナメントに進んだとして、ブラジルの優勝は
ない気がする。なんとなく。

クロアチアも平均以上のチーム。
日本戦では多分プルショを中澤以外にぶつけて、
日本の左サイドからの突破を仕掛けてくるだろうなぁ。
ドイツのチームに籍を置いている(置いていた)選手が多い
のも嫌な感じ。老練なニコ・コバチも要注意。
両サイドを活かした3-5-2というおなじみのシステムだけに
対策は立てやすいかも。後はそれを実行できるかどうか。

オーストラリアは監督が一番目立っている気がするけど、
ヨーロッパ、特にイングランドで実績がある選手が多い。
選手のネームバリューならむしろクロアチアよりも
上なくらいだ。
でもさすがに、ヒディンク監督の3大会連続ベスト4
というのはない気がする。なんとなく。
多分前回ワールドカップやPSVのように、ゲームメーカー
を置かずに短いパス交換とスピードに乗ったサイド攻撃
中心でくるのかな。

日本にはもちろん頑張ってほしいけど、純粋に
サッカーファンとして見てもこのグループもおもしろい。

|

« もうすぐワールドカップ開幕(その2) | トップページ | もうすぐワールドカップ開幕(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/2089585

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐワールドカップ開幕(その3):

« もうすぐワールドカップ開幕(その2) | トップページ | もうすぐワールドカップ開幕(その4) »