« Christmas Time In Blue/佐野元春 | トップページ | Norwegian Woods/土岐麻子 »

2005/12/29

空中庭園

 「家族間では秘密を作らない」というルールの京橋家。表面的にはオープンで仲のいい家族をお互いに演じているが、実は家族全員がそれぞれ秘密を隠し持っていた・・・。
 もうちょっと淡々とあっさりした感じかと思っていたが、結構過激なところもあって辛口だけど見応えのある映画だった。
 京橋家の家族4人(小泉今日子、板尾創路、鈴木杏、広田雅裕)はもちろんだけど、そこにからんでくる大楠道代やソニンもすごく存在感があっておもしろい。特に祖母のさっちゃん(大楠道代)は、最初から最後までホントにいい味を出している。出演シーンは少ないけど永作博美と瑛太もかなり強烈。

☆注意!
(ここから先ネタばれあり)

 中盤以降、ミーナ(ソニン)が家庭教師として京橋家に入り込んできて、家族の秘密がどんどん露わになっていく。これまで必死に守ってきた幸せな家族が崩れそうになったとき、妻エリコ(小泉今日子)はどうなってしまうんだろう、とかなりハラハラさせられたけど、ダメッぷり爆発の夫タカシ(板尾創路)も最後にちょっといいところを見せるし、最後が救いのあるラストでよかった。
 愛情と憎しみは紙一重。特に家族だとその揺れ幅もすごく大きくなるのかもしれない。でも、一見バラバラに見えても、やっぱりどこかで繋がっているのが家族、ということなんだろうなぁ。

☆公式サイトはここ

|

« Christmas Time In Blue/佐野元春 | トップページ | Norwegian Woods/土岐麻子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/9774/186338

この記事へのトラックバック一覧です: 空中庭園:

« Christmas Time In Blue/佐野元春 | トップページ | Norwegian Woods/土岐麻子 »